各種住宅

ゼロエネ住宅とは
ゼロエネ住宅の基本的な考え方は
「省エネによって消費するエネルギー量を減らすこと」
「消費したエネルギーと同等のエネルギーを作り出すこと」
この二本柱によって成り立っています。


 2020年度における年間のZEH建築「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)」割合を50%以上とすることを目標としています。

ゼロエネ住宅とは
 長期優良住宅とは、長期にわたり良好な状態で使用するために、大きく分けて以下のような措置が講じられている住宅を指します。
◎耐震性
 極めて稀に発生する地震に対して、継続利用するための改修が容易にでき、損傷のレベルの低減を図ること。
◎断熱性(省エネ)
 必要な断熱性能等の省エネルギー性能が確保されていること。
◎耐久性能(劣化対策)

 構造や骨組みのしっかりした長く住める家、数世代にわたり住宅の構造躯体が使用できること。
◎維持管理・更新の容易性
 構造躯体に比べて耐用年数が短い内装・設備の維持管理がしやすいこと。
◎住戸面積
 良好な居住水準を確保するために必要な規模を有すること。
◎居住環境
 良好な景観の形成その他の地域における居住環境の維持及び向上に配慮されたものであること。
◎維持保全(維持保全管理、住宅履歴情報の整備)
 建築時から将来を見据えて、定期的な点検・補修等に関する計画が策定されていること。
ゼロエネ住宅とは
 注文住宅は、時間がかかってもこだわりをご予算の中でこだわりを持って家を建てたいという人には最適な方法です。